人のふり見てわがふりなおせ

過日、衣装を買いに行ったときのことです。店内をお子さんと二人で回っていました。

小学生低学年ぐらいのお子様3ヤツが著しいスピードで物品棚のコーナーを曲がってきました。

怪しく自分とぶつかりみたいになり、「危ない!!」とついサウンドを上げてしましました。

そのものたちはアッという間にいなくなりました。

しばらくすると、またおんなじ3ヤツが走ってきました。今度は棚から物品を落とした通り去っていきました。

自分とお子さんで落ちた物品を棚に戻していると、高齢のおばあさんから声をかけられました。

「危ないのに誰も注意しないのね。けがしないとわからないのかしらね。」と。

怪我してからじゃのろいけど、両親は買物内側なのか見当たりませんでした。

時折の買物で両親もトロトロしたいとは思いますが、ダメージをさせたりしたら大変だとおもいました。

お子様も飽きちゃうんだろうな、けれども店内は走る部位じゃないよって言えたらスッキリしたんだろうな。

過日も超絶内でお子様に大声で歌唱させているおとなを見ました。オール15パイぐらいおんなじ曲です。

大声で泣き叫ぶよりはいいかもしれないけど、音響に対抗するくらい高いサウンドってどうなんだろう。

叱らない養育なのか、怒ると注意するの選別が不確かんだと思いました。

そんな我が家でも「宿題する・とめる」で怒ると警報の分界ができていないなと。

人のふり見てわがふりなおせって再認識しました。http://www.comolocalizarunmovil.com/

私の住む愛媛県の方言について思う事があります

こちらは日本に居ながら、東北の方言が解りにくいくて、聞き取れない時があります。

全国列島で、こんなに方言の違いがあることを不可解だなあとも感じるのです。

現下こちらがいる愛媛県内は、大きく分けると県庁の所在地です中予里をまん中として、上東予里と南予里とにわかれます。

とにかく文句の語尾が上がる傾向がある南予里も、個性がある物語の方策をします。

たとえば、「いけないよ」という事を「いかんが」レベルとも言う事があります。

その際にも言葉尻のイントネーションは、上がるのです。

その南予里も、またところにより語尾が上がるけれど、物語の戦法が違うのです。

こちらは幼い頃から愛媛県内に住んでいる事もあり、その人が南予のいつの里であるのかと土壌を見分ける事が出来ます。

中予里に住むこちらですが、お父さんがたのお爺ちゃんのわが家が南予であることもあり、見分ける事ができると言う事もあります。

また語尾が上がる文句に、効能があり興味がある時から、南予もどの里と見分ける事ができるのです。

愛媛県の方言で、「じゅる田んぼ」という方言がありますが、水たまりという意味です。

子どもが降水が降った上にできる水たまりに、人気がありその水たまりに態と通るため、「じゅる田んぼに入られんよ」レベルと言うのです。任意整理の料金は、法律事務所ごとに多少の違いがあります